恋愛初心者必見!?すぐにデートで使える恋愛テクニックを伝授!!

弱者の恋愛戦略

 

今度女の子とデートをすることが決まったけどどうしたらうまくいくかな・・・。
デートのコツを教えて!

恋愛に慣れていないときのデートは不安でしょうがありません。

「何を話したらいいんだろ・・・」

「こんなことをしたら嫌われないかな?」

などと悩みのタネは付きませんよね。

 

そこで今回は恋愛初心者の方に向けてデートで相手に好かれるための方法をお伝えします。

すぐに実践できることばかりをお伝えするのでデートが間近に迫った人でもきっと参考になります。

 

第一印象を重視せよ

なんと言ってもデートでいちばん大事なのが第一印象

 

第一印象がいい人は何をしても好意的に受け止めてもらいやすく、良い関係性を築いていきやすくなります。

逆に第一印象が悪い人はその悪いイメージを引きずってしまい、なかなかそのイメージを払拭することができません。

その後の関係性でも悪いイメージを持たれやすくなってしまいます。

 

このように人は最初に与えられた印象に強く影響される傾向があります。

この現象のことを心理学で『初頭効果』といいます。

初頭効果

相手に対する態度や印象を決定する上で最初に与えられた情報が強く影響を与えること

相手と出会った時に持った最初のイメージがデート中に渡って引きづられてしまうのです。

ここでいいイメージを持ってもらえるとデート中に多少ミスをしてしまっても悪影響は少ないです。

しかし逆に最初から悪いイメージだと後々から挽回することは難しくなってしまう・・・。

 

そこで私は恋愛初心者にはネットでの出会いを勧めています。

恋愛初心者が女の子と出会う方法はどれがいいのか?→ネットです

ネットでの出会いは実際に女の子に会う前にメールやラインで第一印象を与えることができるからです。

このメールやラインで第一印象を与えるメリットは2つあります。

 

印象を作ることができる

ラインでやり取りをする場合、文章を考える時間がたっぷりあります。

この時間を使うことで自分のことをよく思ってもらえるように相手の女の子に送る文章を考える時間ができます。

このように時間を使って、いい印象を作ることができるのです。

 

デートの前からいい印象を与えられる

ラインを通して、信頼関係を築くことができます。

これは恋愛初心者にとっては最大のメリットです。

なぜなら女の子に会う前からいい印象を与えられ、信頼関係を築くことができ、デートがうまくいく可能性が高まるからです。

 

ラインでは文章の交換をしてやりとりをします。

その文章にはその人の性格や個性が出ます。

相手の気持ちを考えられない人には文章にもそれが現れてしまい、印象が悪く、女の子とデートをすることなんてできないでしょう。

しかし逆に相手の気持ちを考え、思いやることができる人は自然と文章にもその良いイメージが出てきます。

相手はそのラインのやり取りを通して、あなたに興味を持ち、会ってみたいな!と考えます。

このようにネットの出会いで女の子とデートをする段階にいくと相手の女の子はあなたに会う前からいい印象をもっているのです。

 

つまり女の子とデートの約束をする→相手の女の子はあなたの印象がよい

 

という関係が成り立っています。

このようにネットの出会いは恋愛初心者にはおすすめの出会い方なのです。

 

第一印象はとても重要です。

しっかりと相手のことを考え、どうしたら好かれるかな?と言う気持ちを持って接しましょう!

 

好意を前面に押し出せ!

「相手の女性と仲良くなりたい、付き合いたい」と思ったら、その気持ちつまり好意を相手に伝えるのが重要です。

相手に好意が伝わるとそれをお返ししようと相手から好意が返ってきます。

これを心理学では好意の返報性といいます。

好意の返報性

他人から好意を受けると相手にも同じだけ好意を返そうとすること

 

ですが好意の伝え方を間違うと相手に好かれるどころか逆に嫌われてしまいます。

例えば、相手の女の子のことを全く可愛いと思っていないのにお世辞で可愛いというとかです。

あなたが天性のペテン師なら相手の女の子を騙すことができるかもしれませんが大抵、ウソを付くときは相手に表情や仕草からその言葉の真意が伝わってしまいます。

男は嘘を付くのが下手ですからね・・・。

真顔で「かわいいね」って言われても全然響きませんよね?

むしろそれなら余計なことは言わないほうがマシです。

 

では好意をどうやって伝えたらいいのかお教えしましょう。

 

笑顔

笑顔は人を幸せにします。

自分が笑顔でいれば、自然と相手も笑顔になりいい気分になります。

 

男は初対面のデートでは緊張してしまいなかなか笑顔をうまく作れない人が多いので笑顔を意識的にするだけで他の男と差別化を図ることができます。

 

女の子を名前で呼ぶ

名前で呼ぶことで「自分を強く意識してもらえている」と実感します。

これによって、相手への好感度が高くなります。

 

この理由は名前で呼ぶと相手にオキシトシンが増えるからです。

オキシトシン

愛情や信頼などの感情を呼び起こすとされるホルモン。
別名『幸せホルモン』とも呼ばれている。

名前で呼ぶことでその相手の条件反射によってオキシトシンが増加します。
その結果、自己重要感が満たされ、名前で読んでくれた相手を好意的な人間だと認識し、好感度が高くなるのです。
デートでは恥ずかしがらずに名前で呼ぶことを心がけましょう!

ボディタッチ

相手の女の子に自分の性を意識させるにはボディタッチが有効です。

しかし無闇矢鱈にタイミングを考えずに相手の女の子を触ろうとするとヒカれてしまい、嫌われてしまいます。

場合によってはセクハラで訴えられてしまう場合も・・・。

 

ではどのような場面でボディタッチをすればいいのでしょうか?

 

それは相手の女の子と打ち解けあって、信頼関係を築くことができたあとです。

例えば、雰囲気のいいレストランで話が盛り上がったあとにレストランを出てから外を歩く際など。

二人の間で信頼関係を築くことができていれば、自然とてもつなぐことができるでしょう。

 

美味しいレストランでお酒を飲むのもおすすめです。

お酒は気持ちをよくさせ、警戒心を解く効果があります。

 

適度にボディタッチを加え、二人の仲を縮めましょう。

 

女の子を主体に会話をする

女の子との会話において、自分の話ばかりを一方的にばかり話すのは最もやってはいけないことです。

なぜなら会話の主役は女の子だからです。

まるでお客様をもてなすように会話をこなしましょう。

 

会話において話す分量はあなたが2だとしたら女の子が8ぐらいがちょうどよいです。

女の子に質問を投げかけ、答えを引き出す。

そしてその答えを更に深掘りしていき、会話を盛り上げましょう。

 

また、会話は言葉だけのやり取りではありません。

顔の表情、身振り手振り、相槌、体全体を使って、相手に興味があると伝えながらコミュニケーションをとりましょう。

 

悩み・愚痴を聞き出せ!

相手との距離を縮めるには自己開示が重要です。

それと同時に相手の女の子から悩みや愚痴を聞き出し、信頼関係を築いていきます。

こちらの記事の女の子が男を好きになる瞬間にもかいています。

恋愛初心者の男が最低限知っておく女の子が男を好きになる瞬間

 

一番最悪なのは自分のどうでもいい話を相手が全く興味を持っていなさそうな仕草をしているのに繰り広げることです。

女の子は基本的に自分の話を聞いてもらいたいと思っています。

うまく質問を混ぜながら、会話を展開していきましょう。

 

デートの最後には次の約束をせよ

この女の子ともっと仲良くなりたい、付き合いたい!と思ったら、デートの終わりに次のデートの約束をすることが大事です。

これは二人で会っているときのほうが女の子が断りづらいから。

 

もし、デートのときに次の約束をしないでラインでいいやと後回しにしてしまうと断られる可能性が高まります。

 

必ずデート中に次の約束をしましょう!

 

初回デートはあっさりがおすすめ

恋愛初心者にやりがちな失敗が初めてのデートだからと気合を入れて、その女の子と1日ずっと行動するというデート。

これは絶対にNG!!

 

むしろ初回は女の子に「え?これで終わり?」というぐらいの短時間デートがおすすめです。

例えば、一緒に美味しいレストランでランチを食べるだけなど。

 

この短時間デートのメリットは3つあります。

 

女の子に物足りなさを与えることができる

短時間にすることで女の子に「物足りない!もっといろいろ話したい!一緒にいたい!」という気持ちを与えることができます。

これは少し物足りないぐらいのほうが『逃げられれば追いたくなる心理』を刺激するためです。

 

テレビドラマのラストもこのような原理です。

番組の終わりで「このあとの展開はどうなるの?こんないいところで終わり?」ということがよくあると思います。

これは次の展開を期待させて、次回の放送を観てもらうためにわざと次の展開が気になるところで終わらせています。

 

これを恋愛にも応用するのです。

女の子と美味しいご飯を食べて、会話もそこそこ盛り上がった。

このご飯のあとは何をするのかな?と女の子は気になっています。

しかし、あえてそこで終わりにする。

 

これによって女の子は物足りなさを感じると同時に次への期待が膨らみます。

必然的に初回デートの満足度が向上するのです。

 

ボロを出しにくい

単純にデートの時間を短くすることでボロを出しにくくなります。

 

初回のデートはお互い初対面ということもあり、緊張しているでしょう。

まして女の子と今まであまり話したことのない恋愛初心者ならなおさらです。

そんな中で1日ずっと女の子といたらどうなるでしょうか?

 

きっと途中で疲れて、ボロを出してしまいます。

お互いのことを多少は知っている2回目以降のデートならまだしも1回目のデートで致命的なミスをするとその後、取り返しが効かなくなります。

 

なので初回デートは短時間にするのがベスト。

 

足切りをしやすい

想像と違った女の子に会ったときのことを想定して、初回デートは短時間にするべきです。

 

女の子と会う前はラインなどの文字のやりとりになるので相手をいい方向に想像しやすいです。

想像力とは恐ろしいもの。

「顔もかわいいし、きっと性格もいいんだろうな」

と考えてしまいます。

 

しかし、実際に女の子に会ってみると「あれ?なんか違うな?」ということは多々あるもの。

これが事前にお互い1日行動をするプランを練っていたら、なかなか途中で切り上げるのは難しいです。

 

これを避けるために女の子を足切りするために初回デートは短時間にするべきです。

お互いの利害が一致しないと時間とお金の無駄ですからね。

 

 

このように初回デートは短時間であっさりと終わらせ、女の子の次への期待度を高めるのがおすすめです。

 

 

 

まとめ

今回は恋愛初心者のためのデートテクニックをお伝えしました。

いろいろお伝えしましたがあくまでテクニックはテクニック。

大事なのは相手の女の子がどのようにされたら喜ぶか?というのを考えることです。

 

相手の女の子のことを考えて、デートに挑みましょう!

 

コメント