学生時代に恋愛ができなかったと後悔するのは時間の無駄!今やる必勝法

恋愛弱者の逆襲

 

学生時代に恋愛ができなくて大人になった今、後悔している・・・
街で制服カップルがデートしているとつらい・・・
この気持ちどうしたらいいの?

『学生時代に恋愛ができなかった』という大人の方は多いのではないでしょうか?

かくいう私も学生時代はほとんど恋愛とは無縁でした。

当時は彼女がいないのが普通だし、周りのカップルがデートをしているのを見ても特に何も感じませんでした。

 

しかし、時は流れ、大人になった今・・・。

「なんであの時、恋愛しとかなかったんだ!制服デートは学生時代しかできないのに・・・」

と後悔することに。

 

ネット上を見てもこのような後悔をしている人は多いです。

そこで今回は『大人になった今、学生時代に恋人ができなかった人はどうしたら過去のコンプレックを払拭できるのか?』というテーマについて解決策をまとめていきます。

 

 

学生時代に恋愛ができなかったことを大人になった今後悔するわけ

人はなぜ大人になって学生時代に恋愛できなかったと後悔するのでしょうか?

ここではその理由を並べていきます。

 

街で制服カップルのデートをみて

・制服カップルが街なかでデートをしている

・カフェ、レストランで楽しそうにカップルでイチャイチャしている

・学校帰り、仲良さそうに二人で下校している

 

このように自分ができなかった青春を見せつけられると『ああ、うらやましい』と感じます。

それと同時に自分は学生時代に恋愛できなかったと後悔をするでしょう。

 

過去の自分と幸せそうなカップルを比較して、落ち込んでいるんですね。

制服というのは中学、高校時代という限られた期間しか着ないものです。

なので、恋愛コンプレックスを引き出す、最大最凶の敵です。

 

ドラマやアニメ、小説で心が揺さぶられ

ドラマやアニメ、小説で男女の恋愛描写に心がトキメキ、心が揺さぶられることは多いです。

 

・学校に行く前に幼馴染が家に来て起こしに来る

・遠く離れたところに住んでいる同年代の女の子と身体が入れ替わる

・同級生の女の子が世界を改変させる能力を持っていて、面倒事に巻き込まれる

 

たくさんのアニメや小説で学生時代の男女の恋愛は描かれています。

それだけ、輝いている特別な時代なんですよね。

 

そういう青春モノをいい年をして見てしまうと、過去の自分と比較してしまって本来は楽しい作品もネガティブな目線で見てしまいます。

このようにドラマやアニメ、小説は青春コンプレックのトリガーとなるものです。

 

人に恋バナを聞いて

・現在付き合っている彼女、彼氏に学生時代恋人がいて青春をしていた

・会社の同僚、友達に学生時代の恋バナを聞かされて

 

など人の青春をしていた恋バナを聞くとなぜ自分は学生時代に恋愛をできなかったのか・・・と後悔します。

 

特に現在付き合っている人の過去の恋人の話は強烈です。

学生時代にまともに恋愛をしてこないで大人になってから恋愛経験豊富な異性と付き合うと自分と相手を比較して劣等感に苛まれるでしょう。

「彼女は高校時代に彼氏がいて、いろいろ楽しんできたんだな・・・。しかも性経験もあるし・・・。」

ともてない男特有の処女厨を発症してしまうこともあります。

 

かくいう私も学生時代はほぼ女性経験がありませんでした。

そこで社会人になってからできた彼女が高校時代から6年間も付き合ってきた彼氏がいて、とても落ち込みました・・・。

当時、恋愛経験が少なすぎた私にはその彼女の過去が眩しすぎたのです。

どうしてもそれが受け入れられずその彼女とは別れてしまいました。

 

このように人の恋バナを聞いて、過去の自分と比べて、惨めになってしまうことはあるでしょう。

 

学生時代に恋愛ができなかった理由

 

学生のときにはその時独特の悩みがあった

・進学校でいい大学に行くためにずっと勉強漬けだった

・毎日、部活動で忙しくて恋愛する暇がなかった

・そもそも当時は恋愛に興味がなかった

 

人は過去を美化する生き物です。

当時のいいところだけを切り取って、悪いところはきれいスッパリ忘れ去ってしまうんですね。

これは人間の脳の仕組みによります。

良かった記憶も嫌な記憶も最初は脳の中に同じレベルで保存されている。
しかし、時間が経つと、嫌な記憶には意識的に抑制がかかり思い出しにくくなっていく。
逆に良かった記憶は何回も思い出すことでどんどん都合のいいように改変される。

 

このように人は良かった記憶は何回も思い出しますが悪い記憶は綺麗サッパリ忘れてしまうんです。

なので自分が恋愛ができなかった理由を忘れて、学生時代に恋人がいなかったという事実だけが残るのです。

 

過去を後悔する無駄!それよりも今後を考えよう!!

 

制服デートはできないけど大人のデートはできる!!

学生時代には時間はたくさんあるけどお金はないです。

逆に大人になるとお金に余裕が出てきます。

 

なので大人には大人のデートができるのです。

 

例えば

・高級レストランでディナー
・二人で1週間の長期旅行
・ドライブデート
などなどおとなになってからしかできないデートはたくさんあります。
なので過去を気にするよりもこれからのことを考えたほうがいいです。

出会いを自分から掴みに行こう!

学生時代に恋愛の仕方を知らないとどうやって出会いを求めたらいいのかわからないと思います。

私もかつては女の子と出会うのはどこ行ったら出会えるんだと悩んでいました。

 

そこで知ったのがマッチングアプリ・ペアーズです。

このペアーズは家にいながら女の子とデートの約束をできるアプリなんです。

これを使えば、もう出会いがないなんて悩む必要はないんですよ!

 

あとは行動をするかしないかだけです。

 

【↓↓↓チャンスを逃さないために今すぐ登録】

Facebookで恋活・婚活【Pairs】※R18

 

 

まとめ

今回は学生時代に恋愛ができなかったからと後悔するのは無駄というテーマでお伝えしました。

 

結論を言うと『過去を後悔しても遅いから今を楽しもう!』ということです。

制服デートをしたかったと後悔するのではなく、かわいい彼女をいまつくる。

過去に恋愛をできなかったのを後悔しているなら今から出会いを増やしまくって人生を楽しむ。

 

どうせ過去は変えられないのでそれなら楽しんだもの勝ちですからね。

学生時代に恋愛できなかった分、これからどんどん出会いを求めて楽しみましょう!

 

彼女が非処女で胸が苦しい人の解決策は2つしかありません【受入,別れ】
札幌のおすすめのラブホをランキングでご紹介!安くて快適なホテルのみ
童貞いじりの返し方を3つ伝授!これでその場を切り抜けろ!!
pcmaxで札幌の女の子と出会って3時間で合体した体験談[写真あり]
学生時代に恋愛ができなかったと後悔するのは時間の無駄!今やる必勝法

 

 

 

 

コメント